子育て・ライフ

【赤ちゃん】夏の虫よけ対策に蚊取り線香の煙は悪影響あり?

夏にかけて暑くなると増え始める蚊。寝ている時に「ぷ~ん」と聞こえてくる羽音には、本当に嫌気がさしますよね。

睡眠中に何度起こされてイライラしたことか。思い出すだけでイライラしてきますね。汗

さて赤ちゃんがいる家庭では夏の蚊対策はどうすれば良いのでしょうか?

赤ちゃんがいなければ蚊取り線香炊けば良さそうですが、赤ちゃんいると蚊取り線香NGっぽいですもんね。

今回は、夏の虫よけ対策として蚊取り線香を使用する場合、赤ちゃんや子供に与える影響や注意点について詳しくご紹介します。

赤ちゃんの為の虫除け9つの対策とおすすめグッズ7選暑くなる季節は特に夏場は陽が長くなるので、赤ちゃんと外出する機会が増えますよね! しかし気温が高くなるこの時期は赤ちゃんの虫刺されに要...

赤ちゃんに蚊取り線香の煙は大丈夫?身体への影響は?

「蚊やその他の虫を寄せ付けず、蚊を殺す威力のある蚊取り線香は、小さな乳幼児には有害ではないか・・?」

そんな疑問を感じている方も多いのではないでしょうか。

結果から申し上げると、蚊取り線香の煙を吸っても身体に害は与えないので、乳幼児がいるご家庭での使用は問題ありません。

蚊取り線香に使われている有効成分は、ピレスロイドといい、害虫の皮膚や口から入って神経を麻痺させ退治します。

人間が吸った場合、体内の酵素作用により、速やかに代謝分解されて体外へ排出される為、健康を害することはありません。

蚊取り線香に含まれるピレステロイドとは?

主成分は、除虫菊(シロバナムシヨケギク)に含まれる殺虫に有効な成分を化合したものです。

人体には無害な化学物質なので、安全性は保障済みです。化学化合物と聞いてご心配な方は、天然除虫菊100%の蚊取り線香もあります。

しかしながら、独特な香りが気になるという方は、バラやラベンダー、いちごやグレープフルーツ等全12種類の香りが楽しめる蚊取り線香があります。

香りで癒されながら、蚊を退治する。子育てのストレス発散にもなりそうです。

蚊取り線香を使用する時の注意点は?

使用に関しては問題がないといっても、締め切った部屋で焚いている時には、注意が必要です。

室内の殺虫成分が増え、濃度が濃くなると、気分が悪くなったり、目に違和感を感じる、喉の不快感を感じるということがあります。

また喘息持ちの方や気管支が弱い方は、煙の吸引でアレルギーを引き起こし、咳き込んでしまったり、呼吸が苦しいといった症状を引き起こします。

赤ちゃんがアレルギー体質の場合は、要注意し使用を控えた方が良いでしょう。

そして赤ちゃん目線から見ると、蚊取り線香のぐるぐる巻きの中から煙がでているという状態は、とても興味を惹くものになります。

使用中、触ってしまい火傷をしてしまったり、使用していない蚊取り線香を誤食してしまったりということがないよう、十分に配慮しましょう。

毒性は低いとされているので、誤ってなめてしまったり、しゃぶってしまったとしても中毒症状がでることはありません。

大量に誤食してしまうと、嘔吐・腹痛・下痢などの症状が現れる為、大変危険です。

使用中は、換気をするようにしたり、保管場所については、赤ちゃんの目のつく場所には置かないようにしましょう。

赤ちゃんが過ごしやすい環境作り 「蚊」への対策は?

赤ちゃんが刺されてしまったら、あか~く膨らんでしまい、痒そうで可哀想でたまりませんよね。

蚊取り線香以外で、吸血鬼「蚊」から赤ちゃんを守る方法をご紹介します。

蚊帳をつける

赤ちゃん用ベッドで寝ている場合は、蚊帳をつけて蚊を赤ちゃんへ寄せ付けないようにしましょう。

大人と一緒に寝ているベッドや布団でも天井からつるして蚊帳をつけることが可能です。

明るめの服を着せる

濃い色や暗めの服装は避け、なるべく明るい色の洋服を着せるようにしましょう。蚊は、暗い場所に集まり休眠する習性があります。

実際の実験でも暗めの服の色に集まるのが科学的に証明されています。

黒・青・赤といった色は避け、「白」又は「黄色」の服を着せるようにしましょう。

虫除けスプレーを使用する

出かける時には、虫除けスプレーをして外出するようにしましょう。直接つけるものなので、赤ちゃんの皮膚への影響が心配な方は、ハーブやアロマ等の天然由来成分のものや無添加のものが良いでしょう。肌への刺激が少ないのでオススメです。

虫除けシールやリングタイプを使用する

使い捨てのシールタイプは、赤ちゃんの洋服に貼りつけて使用します。

リングタイプは、手首・足首にまいて使用。どちらもつけているだけで蚊よけ効果はあるので、外出時などに大変便利です。

リキッド式蚊取りグッズ

コンセントにつなぎ、ボトルに入った液体を本体にセットして、薬剤を加熱・蒸散することで蚊を退治するという優れもの。

蚊取り線香とは違い、1日中使用していても、匂いがこもらないので、大丈夫です。

蚊の幼虫 ぼうふら対策をする

ぼうふらは、水中で成長し羽化する為、家のまわりにはなるべく水をためないようにしましょう。

生存力の強いぼうふらは、少量の水でも生存することが可能な為、鉢受けの受け皿などちょっとした水でも生存します。

水は、こまめに捨て、取り替えたりしながら、ぼうふらを退治していきましょう。雨上がりのお天気の良い日は、蚊が卵を産みやすいので、家の庭に蚊取り線香を焚くと良いです。

蚊対策は万全に!赤ちゃんの肌を守りましょう

そろそろ夏が到来し、蚊が多くなる季節です。

蚊にさされてしまった赤ちゃんの肌は、抵抗力がないせいか、赤く腫れあがり熱をおびてしまうこともあるので、蚊には要注意。

蚊取り線香は、身体への影響はなく安全性が高いので、使用上の注意に気をつけながら、使用をしていきましょう。

今年の夏はしっかりと蚊の対策をして、赤ちゃんの肌を守ってあげて下さいね。

うちもそろそろリキッド式の蚊取り線香炊き始めなきゃ。

赤ちゃんに適した日焼け止めの選び方と注意点&オススメ7商品 日焼けは太陽の光の波長に含まれる紫外線(UV)が原因です。 シミ・しわ・たるみを引き起こし「老け顔」の原因になるため、女性に限らず...
子供の好奇心を育てる7つの方法&おススメ人気スポット8選!アウトドアは良いよね~♪純粋でまっすぐな瞳を持つ子供達。 毎日いろいろなことを吸収しながら育つ子供は好奇心の塊です。 時によって大人がやってほしくな...
あなたにオススメの記事